MENU

審査なしでお金を借りることはできる?即日融資可能なおすすめカードローン5選

借主の収入や信用情報を審査し、現金を貸し付けるカードローンですが、これまでに返済を延滞したり複数のカードローンへ申し込んだ経歴があったりすると、審査に落ちやすいです。

審査に自信がない方の中には、審査なしでお金を借りる方法はあるの、おすすめのカードローンは、このような疑問を抱く方も多いのではないでしょうか。

結論からお伝えすると、次の方法であれば審査なしでお金を借りられます。

  • クレジットカードのキャッシング
  • 質屋
  • 友人や親族からの借金

まずは、クレジットカードのキャッシングの利用を検討しましょう。

記事内では、即日融資できるカードローン会社も5社紹介しています。

クレジットカードを所有していない方は、金利や無利息期間を考慮して最適なカードローン会社を選んでみてください。

目次

【結論】審査なしでお金を借りるのは難しい

消費者金融系カードローンや銀行系カードローンなどでお金を借り入れる際、不安になる点は審査です。

これまでの借入の履歴や収入などを考慮して審査されるため、中には自信がない方も多くいるでしょう。

そのため、審査なしでお金を借りられるか気になるでしょう。

カードローンを審査なしでお金を借りるのは不可能

結論からお伝えすると、カードローンを審査なしで利用するのは不可能です。

消費者金融は、審査で借主の収入や借入状況などを確認し、返済能力を調査したうえで貸し付けなければならないと貸金業法に定められてます。

審査を省略して貸し付けると貸金業法の違反になるため、消費者金融系カードローンには必ず審査があると覚えておきましょう。

審査なしでお金を借りる方法はある

カードローンを審査なしで利用するのは、不可能です。しかし、審査なしでお金を借りる方法は、次のとおりいくつかあります。

  • クレジットカードのキャッシング
  • 質屋
  • 友人や親族からの借金

上記の方法であれば、比較的簡単にお金を借りられます。

たとえば、現在クレジットカードを所有している方であれば、審査なしでクレジットカードのキャッシング枠を利用可能です。

カードローンにこだわらず、他の方法で現金を借り入れられないのか検討しましょう。

審査なしでお金を借りる4つの方法

先ほど、カードローンは審査なしで利用できないとお伝えしました。しかし、カードローン以外の方法であれば、審査なしでお金を借りる方法はあります。

  • クレジットカードのキャッシング
  • 質屋の利用
  • 契約者貸付制度
  • 友人や親族からの借金

上記4つの方法であれば、審査なしでお金を借りられます。1つずつ解説するため、自身にとって現実的な方法を確認しましょう。

クレジットカードのキャッシング

最も簡単な方法が、クレジットカードのキャッシング枠を利用する方法です。

クレジットカードは、ショッピング枠とキャッシング枠の2つの枠が設定されています。

それぞれの特徴を解説すると、次のとおりです。

特徴
ショッピング枠普段の買い物の際に利用する枠
キャッシング枠現金を借り入れる枠

クレジットカードの上限枠は、上記2つの枠の合計金額と覚えておきましょう。

多くのクレジットカードには2つの枠が設定されており、もとからキャッシング枠が設定されている場合や、自身で申請する必要のある場合があります。

どちらの場合も、すでにクレジットカードを発行している場合は、キャッシング枠を利用するための審査を受ける必要がありません。

すでにクレジットカードの審査において、収入や返済能力が認められているためです。

借り入れできる上限金額は、クレジットカードによって決まっています。そのため、上限金額が気になる方やキャッシング枠を設定したい方は、サポートセンターへ問い合わせましょう。

質屋を利用する

質屋を利用する方法も簡単です。

質屋は、品物を預ける代わりに現金を借りられる仕組みで、査定金額が高額なほど借り入れられる金額が高くなります。

18歳以上の方であれば誰でも審査なしで利用できるため、カードローンを利用するよりもハードルが非常に低いです。

次のような品物が手元にある方は、質屋の利用を検討しましょう。

  • 時計
  • アクセサリー
  • ブランド物

査定金額が高額になりやすい時計やアクセサリーなどを所有している方は、質屋の利用がおすすめです。

しかし、借入金額に対して利息も発生する点に注意してください。無利息で借りられるわけではありません。

契約者貸付制度

契約者貸付制度とは、生命保険に加入している方が利用できる貸付制度です。

特別な審査はなく、生命保険に加入している方全員が利用できるため、安心してください。

生命保険の中で解約の際に解約返戻金が支払われる場合があります。契約者貸付制度は、解約返戻金を担保にしてお金を借りる仕組みです。

借りられるお金は、保険の内容や解約返戻金の額などによって変動しますが、解約返戻金の7〜8割ほどのお金を借りられます。

解約返戻金のある生命保険に加入している方は、契約者貸付制度の利用を検討しましょう。

友人や親族から借りる

おすすめはできませんが、友人や親族から借りる方法もあります。当たり前ですが審査なしで借りられるため、審査が不安な方にとっては最適な方法です。

しかし、借りたものの返済が滞ったり返済できなくなったりした場合に、今までの関係が壊れる可能性が高いため、慎重に検討する必要があります。

とくに、友人からお金を借りてトラブルになり、関係が終わってしまう方が多いため、注意してください。

できるだけ、友人や親族からは借りずに、他の方法でお金を借りましょう。

審査はあるけど今すぐお金が必要なら消費者金融カードローンがおすすめ

今すぐお金が必要な方には、消費者金融系カードローンがおすすめです。審査はありますが、次のようにメリットが多くあります。

  • 少額の融資が可能
  • 即日融資が可能
  • 無利息期間がある
  • Webで完結

自身に消費者金融系カードローンが向いているのかを確認しましょう。

少額でも融資可能

消費者金融系カードローンは、少額から融資が可能です。

カードローンによっては、1万円単位での融資のみ受け付けている会社もありますが、消費者金融系カードローンの多くは、1,000円単位で借り入れられます。

返済が不安な方や少額のみ借り入れたい方にとっては、大きなメリットではないでしょうか。

たとえば、大手消費者金融系カードローンのアコムは、1,000円単位で借入可能です。そのため、借り入れる金額を細かく設定したい方も安心できます。

しかし、アコムのように1,000円単位で借り入れる際は、特定のATMの利用が条件になっている会社があるため注意しましょう。

即日融資が可能

消費者金融系カードローンは、即日融資が可能です。

お金を借りたい方の中には、今すぐにお金が必要な方も多いでしょう。そのような方も、消費者金融系カードローンであれば審査が即日終了し、即日融資可能なため安心です。

反対に、銀行が提供している銀行系カードローンの場合は、融資まで数日かかる場合が多いため、すぐに借り入れたい方にはおすすめはできません。

そもそも、銀行系カードローンの場合は審査が厳しいため、審査なしで借り入れたい方は利用するべきではないでしょう。

たとえば、今週末に結婚式があるため今すぐに数万円借り入れたい方や、支払いの期日が2日後に迫っている方などは、即日融資可能な消費者金融系カードローンが最適です。

無利息期間がある

消費者金融系カードローンの中には、無利息期間のある会社が多いです。無利息期間とは、利息なしで借りられる期間を指しています。

現金を借り入れる際は、必ず利息を支払う必要がありますが、初めてカードローンを利用する方の中には、利息が不安で借りられない方も多いでしょう。

そのような方でも、無利息期間が設けられている消費者金融系カードローンであれば、利息なしで借入可能なため、安心して借り入れられるのではないでしょうか。

しかし、無利息期間を利用できる条件として、初めて利用する方に限定している消費者金融系カードローンが多い点に注意してください。

これまで一度でも利用している消費者金融系カードローンの無利息期間は、利用できない場合が多いです。

利息が不安で借り入れるか迷っている方は、これまで利用したことがない消費者金融系カードローンの中で、無利息期間を設けている会社を探しましょう。

Web完結で簡単

消費者金融系カードローンは、申し込みから審査、借入までWebで完結するため、手続きが非常に簡単です。

わざわざ店舗まで足を運び、契約したり借り入れたりする必要がありません。

どの消費者金融系カードローンを利用するかによっても異なりますが、24時間申し込みを受け付けている場合や、コンビニのATMやWeb上から借り入れられます。

現金を借り入れるサービスのため、店舗に足を運び対面で手続きをする必要があると考えている方も多いです。

簡単に借り入れたい方は、消費者金融系カードローンを利用しましょう。

即日融資できるおすすめカードローン5選

ここでは、即日融資できるおすすめのカードローンを5社紹介します。

お金を借りる際は不安になる方も多いですが、すべて大手の消費者金融のため安心して利用できるのではないでしょうか。

自身に最適なカードローンがあるのかを確認しましょう。

アイフル

アイフルは、9:00〜21:00の時間帯に申し込むと、最短25分で借り入れられる消費者金融系カードローンです。

申し込んだ当日に現金を借り入れられるため、急いでいる方も安心できるのではないでしょうか。審査の申し込みから融資までWebで完結するため、店舗へ足を運ぶ必要もありません。

借り入れる際に、スマートフォンから申請できる点もメリットです。わざわざATMへ足を運ぶ必要がないため手軽に利用でき、返済もスマートフォンから可能です。

また、最大30日間の無利息期間を提供しているため、カードローンの申し込みが初めての方も安心して利用できます。他のカードローンを見ると、無利息期間が設定されていない場合も多いです。

原則、電話での在籍確認や郵便物の郵送などがありません。家族や会社の同僚に利用を発覚される心配もないため安心して利用してください。

プロミス

プロミスは、アイフルと同じく最短25分で借り入れられる消費者金融系カードローンです。

融資までの時間は業界最速級のため、すぐに現金を準備する必要がある方は利用を検討しましょう。

最短10秒で振り込まれる瞬フリと呼ばれる機能も特徴です。24時間365日申請できるため、結婚式や急な旅行の際に現金がなくて困ることはありません。

また、30日間の無利息期間が設定されています。通常であれば4.5〜17.8%の金利が発生するため、初めて利用する方はお得に借入可能です。

利用者からの評価も好評で、2022年にオリコン満足度調査 ノンバンクカードローン 初回利用で第1位を獲得しています。

多くの方が満足しているカードローンと聞くと、安心して利用できる方も多いのではないでしょうか。

振込の速さや利用者からの評価が魅力的に感じた方は、審査を申し込んでみてください。

アコム

アコムは、最短30分で借り入れられる消費者金融系カードローンです。

初めて利用する方は、30日間の無利息期間が設けられているため、利息の影響を最小限に抑えたい方やアコムを利用したことがない方におすすめができます。

アコムの公式サイトでは、3秒で借り入れられるのかを確認できるシミュレーションが利用可能です。

名前や年収、他のカードローンの借入状況を入力すると利用できるため、審査が不安な方は気軽に利用してください。

アコムは、最大800万円(税込)まで借入可能です。消費者金融系カードローンの中でも上限金額が高いため、できるだけ多くの現金を借り入れたい方におすすめです。

あわせて読みたい
【甘い?】アコムは誰でも借りられる?申し込み条件や審査に通りやすくなるポイントを解説 カードローンを利用したいと考えていても、学生や主婦、アルバイトやパートで生計を立てている方がお金を借りられる業者は少ないです。 アコムは「収入があれば誰でも借...

SMBCモビット

SMBCモビットは、消費者金融系カードローンでありながら金利が3〜18%と低い特徴があります。たとえば、アコムの金利は15〜18%です。

比較すると、SMBCモビットの金利の低さが確認できるのではないでしょうか。SMBCと聞くと銀行系カードローンと勘違いする方も多いですが、消費者金融系カードローンのため総量規制の対象です。

借主は、年収の3分の1の金額以上を借り入れられない点に注意してください。

提携しているATMは、全国に約120,000台あります。借り入れる際にATMが見つからずに引き出せないと困る心配はないでしょう。

また、Webから審査を申し込むと、10秒で簡易審査結果を提示してくれる点もメリットです。すぐに審査の結果がわかるため、急いで現金を準備する必要のある方に最適と言えます。

レイクALSA

レイクALSAは、最短25分で借り入れられる消費者金融系カードローンです。

申し込みから融資までWebで完結し、カードなしで借り入れられるため、カードを持ち歩きたくない方も安心してください。

また、レイクALSAでは、次のような無利息期間を設けています。

  • 30日間の無利息期間
  • 60日間の無利息期間(Webから申し込む場合)
  • 5万円までの借入は180日間の無利息期間

すべて初めてレイクALSAを利用する場合に限りますが、最大で180日間の無利息期間が設けられています。

5万円以上借り入れる場合でも、Webから申し込むと60日間の無利息期間が利用可能です。

他のカードローンを見ると、60日間の無利息期間を提供している会社は少ないため、レイクALSAのメリットと言えます。

カードローン審査に通るためのポイント

カードローン審査に通るには、いくつかのポイントを把握したうえで申し込む必要があります。

  • 借入金額は少なめ
  • 複数のカードローンを同時に申し込まない
  • 情報は正確に記入する
  • 利用目的を決めておく

ポイントを一つずつ解説するため、審査に不安がある方や通りたい方はぜひ参考にしてください。

借入金額は少なめに

カードローンを利用する場合は、借入希望金額を少なめに設定しましょう。

とくに、消費者金融系カードローンの審査を申し込む際に、自身の収入を考慮せずに高額な借入金額を希望すると、審査に落ちる可能性が高いです。

消費者金融系カードローンは、貸金業法によって貸し付けられる上限の金額を、借主の年収の3分の1までと定められています。

たとえば、年収600万円の借主への貸付は、200万円が上限です。

しかし、貸金業法の対象は消費者金融のため、銀行系カードローンは年収の3分の1以上の金額を貸し付けられます。

消費者金融系カードローンよりも審査は厳しいものの、高額な金額を借り入れられるため、審査に自信がある方は銀行系カードローンの利用もおすすめです。

できるだけ審査に受かりたい方は、消費者金融系カードローンで、自身の年収の3分の1以下の金額を希望しましょう。

複数のカードローンを同時に申し込まない

複数のカードローンを同時に申し込むことは避けてください。

複数のカードローンを申し込む方はお金に困っており、返済能力がないと判断される可能性が高いため、審査に落ちやすくなります。

また、複数のカードローンを一気に申し込むと、金融ブラックの状態になる可能性もあります。金融ブラックとは信用情報に傷がついている状態で、審査に落ちやすいです。

金融ブラックの状態を解除するには一定の時間が過ぎる必要があるため、すぐに現金を借り入れたい方にとっては大きなデメリットと言えます。

審査に通りたい方は、複数のカードローンへ申し込む行為は避けましょう。

情報は正確に

カードローンの審査に通りたい方は、申し込み内容を正確に記入しましょう。

申し込み情報が間違っていると、カードローンの審査に落ちる可能性が高いです。

たとえば、申し込み内容の住所と本人確認書類の内容が一致しない場合は、虚偽の情報を申告したとみなされ、審査に落ちます。

保険証や運転免許証など、本人確認に使用する書類の内容が間違っている方は、市役所や警察署へ足を運び、書類の内容を変更してください。

利用目的をはっきりさせる

カードローンの審査に通りたい方は、利用目的をはっきりさせてから申し込みましょう。

カードローンを申請する際に利用目的を申請しますが、原則は自由です。

どのような使い道でも借り入れられますが、目的がはっきりしていない場合は借金返済やギャンブルのために借り入れている可能性があると推測されるため、よい印象を与えません。

場合によっては、利用目的がはっきりしていないことから、審査に落とされる可能性もあります。

また、中にはギャンブル目的での借入を認めていないカードローンもあるため、利用目的は原則自由なものの、ギャンブルと記載しないようにしましょう。

カードローンの審査に落ちる主な原因

カードローンの審査に落ちる主な原因は、次のとおりです。

  • 安定した収入がない
  • 信用情報に事故情報がある
  • 総量規制に引っかかっている 

多くの場合で、上記の3つのいずれかにあてはまります。自身にあてはまるポイントがあるのかを確認しましょう。

安定した収入がない

自身に安定した収入がない方は、カードローンの審査に落ちやすいです。

カードローン会社が最も損をするのは、借主が返済してくれない場合のため、返済さえしてくれれば貸し付けたいと考えています。

その際に重視する点が安定した収入です。

今は現金がない方の場合であっても、安定した収入があると証明できれば返済能力は認められるため、審査に通りやすいと言えます。

反対に、安定した収入がない方は返済能力がないと判断されるため、審査に通りにくいです。

現在安定した収入がない方が、正社員としてすぐに働きはじめるのはハードルが高いため、アルバイトやパートなどを始めて安定した収入を確保しましょう。

アルバイトやパートの方もカードローンを利用できるため、安心してください。

 信用情報に事故情報がある

信用情報に事故情報がある方は、審査に落ちやすいです。事故情報とは、次のようなものを指しています。

  • 返済の延滞
  • 複数のカードローンへの申し込み
  • 携帯電話料金の未払い
  • 債務整理
  • クレジットカードの支払いの延滞

信用情報に上記のような事故情報がある方は、返済能力がないと判断されます。

カードローンの審査では返済能力を中心に審査するため、返済能力がない方は審査に落ちる可能性が高いです。

たとえば、返済を何度も延滞している方や、複数のカードローンへの申し込みをおこなっている方は、一般的には返済してくれる可能性が低いと考えます。

信用情報に事故情報がある方は、金融ブラックの状態が解除されてから申し込むようにしましょう。内容にもよりますが、5〜10年ほど金融ブラックの状態は続くと考えてください。

総量規制に引っかかっている

総量規制に該当している場合は、審査に落ちやすいです。

総量規制によって、消費者金融は借主の年収の3分の1以上を貸し付けられません。総量規制は消費者金融が対象で、銀行系カードローンは対象外と覚えておきましょう。

借りる際に総量規制を考慮せず、年収の3分の1以上の借入を希望すると、審査に通りません。

また、複数のカードローン会社から借り入れている場合は、合計の借入金額が3分の1を超えてはいけない決まりです。

たとえば、年収600万円の方が1つのカードローン会社から100万円、2つ目のカードローン会社から100万円借りている状態の場合は、3つ目のカードローン会社から借り入れられません。

自身の年収や総量規制を考慮した借入希望金額で申し込みましょう。

審査なしでお金を借りるときの注意点

審査なしでお金を借りるときは、次の注意点に気をつけてください。

  • 審査なしで融資できると宣伝しているのは闇金
  • 虚偽申告はしない
  • クレジットカードの現金化はNG

知らずに利用すると後悔する場合が多いです。審査に通りにくくなる行為も含まれているため、必ず確認してください。

 審査なしで融資できると宣伝しているのは闇金

審査なしで融資できると宣伝しているカードローン会社は、闇金の可能性が高いです。

闇金は、法外な金利で融資している場合が多いため、絶対に借り入れないようにしてください。万が一借り入れてしまうと、利息の返済すら追いつかず元本が増え続けてしまいます。

また、返済が滞ると、電話や自宅に直接きて催促する闇金も多いです。精神的に追い詰められる方が多くいるため、注意してください。

審査なしで借り入れられるカードローンはないため、怪しい宣伝をおこなっている会社は利用しないでください。

虚偽の申告はしない

カードローンの審査を受ける際に、虚偽の申告をしないでください。

年収や勤め先を偽って申し込んだ場合、審査の際に必ず発覚します。虚偽の申告が発覚すると審査に落ちるため、時間が無駄になると考えてください。

審査を申し込む際は、通過するためにも正しい情報を申告しましょう。

 クレジットカードの現金化はNG

審査なしでお金を借りる際は、クレジットカードの現金化はしないでください。

クレジットカードの現金化とは、クレジットカードで低料金の品物を高値で購入し、その差額を現金でキャッシュバックしてもらう仕組みが一般的です。

他にも、クレジットカードで購入した高価な品物を買取業者へ売却し、現金を得る方法もあります。

クレジットカードの現金化は違法ではありません。

しかし、クレジットカード会社の規約で禁止されている場合は、強制解約につながる可能性があります。

クレジットカードが強制解約になると信用情報に事故情報が記録されて、金融ブラックの状態になるため、最低でも5年間はカードローンの審査に通らなくなると覚えておきましょう。

数年間カードローンを利用できなくなるリスクを考えると、クレジットカードの現金化は違法ではないものの、避けるべき行為です。

審査なしで現金を手に入れられる方法ではありますが、おすすめはできません。

学生や主婦がお金を借りる方法

お金を借りたいと思っている方の中には、学生や主婦も多いでしょう。学生や主婦でも利用できるカードローンはありますが、収入面から借入額が少なくなる傾向にあります。

そのため、学生や主婦は次の方法でお金を借り入れましょう。

  • 学生ローン
  • 配偶者貸付

1つずつ解説します。

 学生ローン

学生は、学生ローンから借り入れましょう。

学生ローンとは、学生を対象に現金を貸し付けているサービスです。

収入が安定している学生であれば借り入れられるため、カードローンよりも手軽に利用できます。

主に、次のような理由で利用する方が多いです。

  • 学費
  • 資格の取得にかかる費用
  • 免許の取得にかかる費用
  • 娯楽費
  • 生活費

借入限度額は会社によって異なりますが、50〜80万円ほどの場合が多いです。

学生を対象にしているため、一般の方が多く利用するカードローンよりも審査に通りやすいと言えます。

アルバイトをしていれば高確率で審査に通るため、学生は学生ローンを検討しましょう。

配偶者貸付

主婦の方は、配偶者貸付を利用しましょう。

配偶者貸付とは、本人と配偶者の合計の年収の3分の1までの金額を借り入れられる制度です。

配偶者の証明ができれば、収入のない主婦でも配偶者の年収の3分の1までのお金を借り入れられます。

カードローンは、安定した収入がない方は借り入れられないため、配偶者の年収を考慮して借り入れられる配偶者貸付は、非常に便利な仕組みです。

主婦で現金の借入を希望している方は、配偶者貸付を利用しましょう。

まとめ

今回は、審査なしでお金を借りる方法やおすすめのカードローン会社などを紹介してきました。 

貸金業法で、消費者金融は審査をおこなったうえで貸し付ける必要があると定めています。そのため、審査なしで借り入れられるカードローンはありません。

しかし、カードローン以外であれば、審査なしでお金を借り入れる方法はあります。

  • クレジットカードのキャッシング
  • 質屋
  • 友人や親族からの借金

上記の方法であれば、審査なしで現金を借り入れられます。

しかし、友人や親戚からの借金は、人間関係に影響が出る可能性が高いため、おすすめはできません。

クレジットカードを所有している方は、まずキャッシング枠の利用を検討しましょう。

また、消費者金融系カードローンの中には、審査が緩い会社があります。そのため、審査が不安な方にはおすすめです。

記事内で紹介しているカードローン会社はすべておすすめできるため、金利や無利息期間などの特徴を把握し、最適な会社へ審査を申し込みましょう。

あわせて読みたい
カードローンはブラックでも借りられる?審査が通りやすい金融機関を紹介 カードローンは、手軽にお金を借りられるサービスです。ブラックでも借りられるのか、審査には通るのかと悩みを抱いている方も多いでしょう。 結論からお伝えすると、ブ...

<参考>
アイフル
アコム
SMBCモビット

※本記事は可能な限り正確な情報を記載しておりますが、内容の正確性や安全性を保証するものではありません。
※本サイトと提携する企業のPR情報が含まれます。

目次