親にお金を借りるときの理由や贈与税がかからない方法とは?家族から借金する際の注意点を解説

相手が親だからこそ、恥ずかしさや気まずさが増して、お金を借りるのは難しいと感じることはないでしょうか。

できることなら怒られたりトラブルが起きたりせずに、お金を借りたいと考える方も多いでしょう。

そこで本記事では、親にお金を借りるときの伝え方のコツや相続税について解説します。

本記事を読めば「親にお金を借りたいけれど言い出しづらい」「返済や贈与税などで損をしたくない」などの悩みが解決します。

親にお金を借りたいけど躊躇している、トラブルを起こさずにお金を借りたい方は、ぜひ参考にしてください。

【目的別】大手カードローン会社比較表

スクロールできます
大手会社注目ポイント融資時間審査時間公式サイト

プロミス
最短3分2
スピード融資


簡単診断する
最短3分2




最短3分2


詳細を見る

SMBCモビット
クレカ会社
が運営

独自の審査が
期待できる

簡単診断する
最短60分3




10秒簡易審査


詳細を見る

アコム
新規貸付率が
39.4〜44.7%と
他社より高め
※4
簡単診断する
最短20分※1




最短30分


詳細を見る

アイフル
銀行傘下でない
独立した業者

他社より柔軟な審査が期待できる
簡単診断する
最短18分※1


最短18分1


詳細を見る
※1 お申込時間や審査により、状況によってはご希望にそえない場合がございます。 WEB申込なら最短20分融資も可能です。※2 申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。※3 .申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。※4.2023年10月~2024年2月のデータです。
目次

親にお金を借りるときに使える理由や言い訳

一般的には親からお金を借りるとき、理由について聞かれます。親が納得する理由や言い訳があれば、お金を貸してくれる可能性は高いです。

お金を借りられる確率を上げるための、理由や言い訳を5つ紹介します。

生活費が足りない

親からお金を借りるときは、生活費が足りないことを理由にしましょう。子どもが生活できないのに、助けを拒否する親はよほどでない限り存在しません

次のように、具体的に説明すると理解してもらえる可能性が高くなります。

  • 収入が思ったより少ない
  • 物価や電気代の高騰で支出が増えた
  • 急な出費でお金が足りない

必要であれば、電気代が先月の2倍になった、事故を起こして車の修理代が必要など、より具体的に説明すると説得力が増します。

生活費が足りないことは、親からお金を借りるときの理由になります。ただし、信頼を失うような嘘はつかないように注意しましょう。

借金の返済ができない

親からお金を借りる際は、借金の返済ができないと告げれば効果的です。借金の返済ができないと、遅延損害金が発生したり、財産を差し押さえられたりします。

【遅延損害金とは】
期日までに、借りたお金を支払えなかった際に発生する損害賠償金です。このようなリスクを避けるために、親が助けてくれる可能性が高いです。

借金の返済ができず、更に借金が増え苦しむ子どもの姿など、親は見たくないでしょう。

どうしても親にしか頼れない理由も説明すると、お金を貸してくれる可能性が高まります。

銀行や消費者金融で借りると金利が高い、友人や職場の同僚に借りると、人間関係が壊れることなどもあわせて説明しましょう。

また、親であっても金額や返済条件などを明確にすることが重要です。必要であれば書面に書き起こし、親とのトラブルを避けましょう。

税金や保険の支払いが難しい

親からお金を借りるときは、税金や保険の支払いが難しいことを理由にできます。親も税金や保険の重要性を理解し、協力的になってくれる可能性が高いからです。

実際に税金や保険支払いが滞ると、大きなリスクがあります。

たとえば、税金の支払いが滞ると罰金が発生するケースです。他にも自動車税であれば、支払わないと車検が受けられず、税金の支払いが必要です。

また保険の支払いが滞ると、解約されたり保障が受けられなくなったりします。

万が一の備えとして、保険料を払いたいと説明すると、親からお金を借りられる可能性が高くなります。

冠婚葬祭の費用が足りない

親からお金を借りるときは、冠婚葬祭の費用が足りないことを言い訳にできます。冠婚葬祭は突発的に予定が入ることもありますし、費用が高額になるケースが多いです。

たとえば、葬式は会場費や葬儀代、身内や親戚が集まるため食事代や宿泊費などがかかります。

また結婚式は、式をあげる側も参列する側も多額のお金が必要です。参列する側のご祝儀は3万円が相場ですが、3万円も決して簡単なお金ではなく、支払いが難しい方も多いでしょう。

式をあげる側になると会場費や衣装代、引出物や食事代など数百万円が必要となることも少なくありません。

しかし冠婚葬祭は人生の中でも一大イベントであり、必要な金額や借りないといけない原因などを説明すると、親も高い確率で理解を示します。

引っ越しの資金が足りない

親にお金を借りる際は、引っ越し資金の不足を理由にできます。引っ越しは敷金礼金や家電の購入など、お金が必要であると広く知れ渡っているため、お金を貸してくれる可能性は高いでしょう。

断られる確率を下げるために、次のような言い訳も有効的です。

  • 引っ越し費用を貯めていたけど、住みたい場所の家賃相場が思ったよりも高い
  • 通勤時間が辛い
  • 転勤で引っ越しが必要

「お金を貯めているけれど、それでもお金が足りない」ことをアピールしましょう。

頑張っていた一面を見せることで、親は根負けし、お金を借りられる可能性が高まります。

しかし過度な嘘や的外れな金額の請求は、信頼を失うためやめておきましょう。

親にお金を借りるときの言い方のコツ

親にお金を借りるときは、言い方や態度に気をつけましょう。たとえ正当な理由があったとしても、言い方や態度ひとつで、印象が悪くなりお金を借りられないこともあります。

そこで親にお金を借りるときの、言い方のコツを3つ紹介します。

  • 親に直接会って話す
  • お金が必要な理由を正直に話す
  • 親しか頼れないことを伝える

うまく親を説得したい方は、ぜひ参考にしてみてください。

親に直接会って話す

親にお金を借りるときの言い方のコツは、直接会って話すことです。電話やテキストで伝えるよりも、信頼感が生まれ気持ちが伝わりやすくなるからです。

たとえば、会う場所をカフェや公園などにすると、リラックスした雰囲気で話しを進められます。最初は何気ない会話から入り、様子や機嫌を確認してみてください。

そして、自身の気持ちを伝えるのみでなく、親の意見を聞くことも大切です。直接会って真摯な態度で向き合い、適切なコミュニケーションを心がけましょう。

お金が必要な理由を正直に話す

親にお金を借りるときのコツは、お金が必要な理由を正直に話すことです。

お金が必要な理由を隠したり嘘をついたりすると、信頼関係に悪影響を及ぼし、お金を借りる以前の問題となります。

単にお金を貸してほしいと伝えるよりも、「○○でお金が必要になって困っている」と正直に理由を話した方が、相手に真摯な気持ちが伝わります。

親は子どもにお金を貸すこと自体、不安があるかもしれませんが、理由がわからないと更に不安感があり、躊躇するかもしれません。

お金を貸しても、同じことを繰り返すことを心配される可能性があります。理由と共に、今後の改善点や返済の目安も伝えましょう。

理由を正直に話し、今後の改善点や返済の目安も伝えることで信頼関係が生まれ、お金を借りられる可能性が高まります。

親しか頼れないことを伝える

もう親しか頼れない、と伝えると一定の効果が見込めます。

たとえば、親しか頼れない状況は次のとおりです。

  • 消費者金融や銀行は利息が高い
  • 友人に借りるのは関係が壊れそうで怖い
  • 兄弟には恥ずかしくて言えない

このような状況であれば、親しか頼れない状況だと理解してもらえるでしょう。

また、お金を借りたい理由や返済の目安など、親が納得する説明をするのも大切です。

親のリスクも配慮し、お互い気持ちよく話しを進められるように心かげましょう。

親にお金を借りると贈与税がかかる?

親にお金を借りると贈与税がかかるケースがあります。

具体的には、年間に贈与するお金が110万を超えるようなケースです。

しかし、金額や借り方など贈与税のかかる条件は複数あります。贈与税の条件や計算方法について解説するので、ぜひチェックしておきましょう。

年間最大110万円までは非課税

贈与税には基礎控除があり、年間最大110万円までは非課税で、110万円を超えた金額に贈与税がかかります。

【控除とは】
所得や贈与など、税金がかかる収入の計算に一定の金額を差し引ける制度を控除と呼びます。控除が適用されると、その分税金が減額される仕組みです。

1年間を通して贈与された金額が110万円までなら、贈与税はかかりません。注意点としては、2人から借りた場合でも、贈与額は合算されます。

たとえば父親から50万円、祖母から80万円を借りた場合、合算され贈与額は130万円となり贈与税が発生するため気をつけましょう。

贈与税の計算方法

贈与税には、一般贈与と特別贈与の2種類があり、税金の計算方法が異なります。

贈与額から基礎控除110万円を引き、残った額から更に金額に応じた控除額を引いて、税率をかけると贈与税が計算できます。

一般贈与は、兄弟、夫婦、親から子への贈与で、子が未成年者の場合が対象となります。

一般贈与の贈与税の計算方法は次のとおりです。

スクロールできます
贈与額から110万円を引いた額200万円以下300万円以下400万円以下600万円以下1,000万円以下1,500万円以下3,000万円以下3,000万円超
税率10%15%20%30%40%45%50%55%
控除額なし10万円25万円65万円125万円175万円250万円400万円

特別贈与は、父母や祖父母などから贈与を受けた18歳以上の方が対象となります。

スクロールできます
贈与額から110万円を引いた額200万円以下400万円以下600万円以下1,000万円以下1,500万円以下3,000万円以下4,500万円以下4,500万円超
税率10%15%20%30%40%45%50%55%
控除額なし10万円30万円90万円190万円265万円415万円640万円

贈与額が多いほど税率が高くなり、一般贈与の方が税率が高くなります。

※参照元:贈与税の計算と税率|国税庁

親にお金を借りても贈与税がかからないケース

基本的に年間110万円以上のお金を借りると贈与税がかかります。

しかし、次のようなケースでは贈与税はかかりません。

  • 生活費や教育費
  • 住宅購入の資金
  • 結婚や子育ての資金

それぞれ詳しく解説します。

生活費や教育費の場合

生活費や教育費は、親からお金を借りても贈与税がかかりません。親は子どもを扶養する義務があり、生活費や教育費は子どもを育てるのに必要だからです。

参照元:贈与税がかからない場合|国税庁

生活費には治療費や養育費、教育費には教材費や学費などが含まれます。

たとえば子どもが学生であれば、親が子どもの生活費や教育費を支払うことが一般的で、贈与税はかかりません。

また親から子どもへの教育費を非課税にする方法として、教育資金の一括贈与があります。30歳未満の子どもなら、1,500万円までの教育費は非課税です。

教育費の一括贈与を利用するためには、親が子どもの名義で教育資金専用の口座を開設し、授業料や教育費などの領収書の提出が必要です。

住宅購入の資金の場合

住宅購入の資金の場合は、親からお金を借りても贈与税がかかりません。省エネ住宅は1,000万円、それ以外の住宅は500万円までが非課税となります。

住宅資金が非課税になる対象者には、次の条件があります。

  • 直系の親子関係
  • 贈与を受けた年の1月1日に18歳以上
  • 子どもの所得金額が2,000万円以下

たとえば、18歳以上の方が居住用の住宅を購入するために、親からお金を借りると、1,000万円もしくは500万円までは贈与税はかかりません。

住宅購入の資金を非課税にするためには、さまざまな条件があるため注意しましょう。

参照元:直系尊属から住宅取得等資金の贈与を受けた場合の非課税|国税庁

結婚や子育ての資金の場合

結婚や子育ての資金の場合は、親からお金を借りても贈与税はかかりません。

結婚や子育て資金の一括贈与の制度があり、1,000万円までが非課税で、結婚資金は300万円までとなります。

また対象となるのは、20歳以上50歳未満で両親か祖父母から資金を受け取った方です。たとえば、30歳で結婚した場合は、親から300万円を借りても贈与税はかかりません。

結婚や子育て資金の一括贈与を使うには、金融機関で結婚子育て資金口座の開設が必要です。

贈与された資金は開設した口座で管理され、お金を引き出した際には、結婚や子育て費用の領収書を提出しないといけません。

親にお金を借りるときに非課税にする借り方

親にお金を借りるとき、借りた証拠を提示できれば非課税にできます。お金の贈与ではなく、貸し借りをしている証明になるからです。

親にお金を借りるときは、次の3つの方法で非課税にできます。

  • 借用書の作成
  • 現実的な金利や返済額の設定
  • 返済している証拠を残す

上記の方法を活用すると、お金の貸し借りを証明でき非課税になります。

借用書を作成する

親にお金を借りるとき、借用書を作成すると非課税にできます。借用書はお金の贈与ではなく、貸し借りの証明になるからです。

たとえば、口頭のみで150万円を親から借りた場合、税務署が調査にくると証明できず、150万円に対して贈与税がかかるケースがあります。

一方で借用書を書いていれば、贈与ではなく貸し借りであることを証明でき、贈与税はかかりません。貸し借りの証明には、借用書を用意しておく必要があります。

法的な効力を持たせるために、借用書に次の内容を記載しましょう。

  • 作成日
  • 借主と貸主の氏名と住所と押印
  • 借り入れ金額
  • 資金受領日
  • 返済方法
  • 返済期日
  • 利息
  • 遅延損害金

返済方法や利息の記載がないと、法的に借用書として認められない可能性があるため、注意してください。

現実的な金利や返済額にする

親にお金を借りるとき、現実的な金利や返済額を設定すると非課税にできます。一般的に銀行や消費者金融でお金を借りると、利息を支払わなければいけません。

親に無金利でお金を借りた場合、本来の金利に相当する金額が贈与となり、贈与税がかかるケースがあります。

そして、返済額は現実的な金額を設定しましょう。たとえば、月収15万円で返済額が10万円だと、5万円しか残らないため、非現実的で嘘の返済額と判断されます。

自身の収入にあわせて、支払い可能な金額を設定してください。また、条件を返済期限なしや出世払いにしないよう注意しましょう。

曖昧にすると贈与を疑われる可能性があります。親にお金を借りるときは、現実的な金利や返済額を設定し、曖昧な条件はやめましょう。

返済している証拠を残す

親にお金を借りるときは、返済している証拠を残すと非課税になります。返済している証拠があると、贈与でないことを証明出来るからです。

贈与ではなく貸し借りであれば、贈与税は発生しません。借用書に返済方法を記載し、記載された方法で返済をしましょう。返済の証拠を残す方法としては、口座振替がおすすめです。

返済方法を記載した借用書と、返済している口座振替の記録を提出すれば、税務署を納得させられます。

支払い先の口座は、親の名義でないと返済の証拠にならない可能性があるため注意しましょう。

返済の証拠を残しておけば贈与でないことを証明でき、贈与税はかかりません。

親にお金を借りるときの借用書の作成方法

親にお金を借りるときは、借用書を作成しましょう。親に借りたお金は贈与ではなく、貸し借りであると証明する必要があります。

しかし、借用書の書き方がわからない方も多いでしょう。そこで法的に認められる、借用書の書き方を解説します。

必要な項目が記載されていないと、借用書として認められないケースがあるため注意しましょう。

借用書に記載すべき項目

法的に認められる借用書を作成するときは、次の項目を記載しましょう。

  • 借用書のタイトル
  • 借用書を作成した日付
  • 借りる金額
  • 返済期日
  • 返済方法
  • 利息の取り決め
  • 金額とお金を受領した旨
  • 貸主の氏名と住所
  • 借主の氏名と住所

上記の項目を記載するのは必須ですが、中でも返済方法と返済期日の明確な記載が大切です。なぜなら、返済している証拠となり、お金の貸し借りの証明になるからです。

反対に返済方法と返済期日が明確に記載されていないと、贈与とみなされ、贈与税がかかるケースがあります。

誤りがないようにチェックしつつ記入しましょう。

金額は漢数字で記入

借用書の金額は、漢数字で記入します。数字で記入すると0を足したり消したりするのみで、金額の改ざんがしやすくなるためです。

漢数字の書き方は次のとおりです。

数字漢数字
1
2
3
4,5,6,7,8,9四、五、六、七、八、九
10壱拾
100
1,000
10,000万、萬

たとえば25,000円の場合は、金弐萬五千円也のように、金と也で挟んで漢数字を書きます。

また、金額の改ざんや追加ができないように、文字間隔はあけないようにしましょう。

収入印紙が必要

借用書のような契約を成立させる文章には、収入印紙が必要です。収入印紙とは、経済的な契約書の作成にかかる税金を払う証票のことです。

郵便物の送料を切手で払うのと同じで、借用書の契約にかかる税金を、収入印紙で払うイメージになります。

ただし、借りる金額が1万円以下の場合は、収入印紙は必要ありません。

収入印紙の額は次の通りです。

借りた金額印紙税額
1万円未満非課税
1万円以上10万円以下200円
10万円以上50万円以下400円
50万円以上100万円以下1,000円
100万円以上500万円以下2,000円
500万円以上1,000万円以下10,000円

借りた金額に応じて、適切な収入印紙を貼りましょう。収入印紙は、郵便局や法務局、コンビニなどで購入できます。

親にお金を借りるのが難しい場合の対処法

お金が足りず親に泣き寝入りしても、必ずお金を借りられるわけではありません。親に頼らずに、自身の力でお金を準備しないといけない状況もあります。

そこで親にお金を借りることが難しい場合の対処法を3つ紹介します。

親からお金を借りることが難しい、親を頼りたくない方はぜひ参考にしてください。

銀行や消費者金融のローンを利用する

親にお金を借りられないときは、銀行や消費者金融のカードローンを利用しましょう。銀行や消費者金融であれば、収入や信用度に応じて返済可能な金額でお金を借りられます。

たとえば、銀行のローンは金利は低めですが、即日での借り入れはできません。

一方、プロミスやアコムなどの消費者金融は、金利は高めですが即日で借り入れができます。

スクロールできます
大手会社融資時間審査時間審査基準公式サイト

アコム
最短20分※1


簡単診断する


最短20分


銀行傘下審査


詳細を見る
プロミス
プロミス
最短3分2


簡単診断する


最短3分2


銀行傘下審査


詳細を見る

SMBCモビット
最短60分2


簡単診断する


10秒簡易審査


独自審査


詳細を見る
※1 お申込時間や審査によりご希望に添えない場合がございます。※2 申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

また使う目的が決まっているのなら、目的ローンで借りるのもおすすめです。車の購入や家のリフォームなど、目的が明確になっていれば銀行から、低い金利で借り入れができます。

ただし、銀行や消費者金融からの借り入れは、金利が発生するため借りすぎには注意しましょう。利息が膨らみ返済が滞ると、更にお金が必要な状況になる可能性があります。

98.0%の申込者が電話連絡なし!

🔺公式サイトはこちら🔺

※2023年8月1日~31日の調査期間、WEBもしくは無人店舗で申込み後、契約した方が調査対象

不用品を売却する

親にお金を借りられないときは、不用品を売却してお金を稼ぎましょう。利用していない古着や家電製品、本やゲーム機などを売却するとお金を稼げます。

まずは物を整理して売れそうな不用品を探し出しましょう。目安は1年以上利用していない物品です。再利用する可能性が低く、不用品として売却してもほぼ問題ありません。

親にお金を借りられない状況であれば、思い切って不用品の売却を検討しましょう。

メルカリやラクマなどのフリマアプリを使って直接ユーザーと取引すると、リサイクルショップで買取処分するより高額で売却できます。

面倒な手順を省きたい方は、ブックオフやハードオフなどのリサイクルショップを利用すれば即日での買取が可能です。

質屋を活用する

親にお金を借りられないときは、質屋を活用しましょう。質屋とは、預けた物の価値に応じた現金を借りられるサービスです。

質屋に預けられる物は、主に次のとおりです。

  • プラチナ
  • ダイヤモンド
  • 時計
  • 家電製品
  • ネックレス
  • 指輪
  • 財布
  • バッグ
  • スマートフォン、タブレット

質屋によっては、身分証明書や借入契約の締結が必要な場合があります。預けた物は一定期間保管されますが、借入金額を返済すると返還されるため安心して利用してください。

仮に返済できない場合でも、預けた物を手放すのみなため、借りた金額以上に請求されることはありません。

同じ物でも質屋によって借り入れ金額や利息が異なるケースがあるため、注意しましょう。

親にお金を借りるときによくある質問

親にお金を借りる際によくある質問を紹介します。これからお金を借りる予定の方はぜひ参考にしてみてください。

贈与税を支払わないとどうなる?

贈与税を支払わないと、主に次のペナルティがあります。

  • 税法に違反したとみなされ罰金
  • 贈与された財産の差し押さえ
  • 信用度の低下

贈与税は支払わなくても、すぐにバレる可能性は低いです。

とはいえ、税務署に疑われ調査されると、必ず贈与税の未納は発覚します。贈与税の未納を自ら申告するのと、税務調査によって発覚するのでは罰金額が異なります。

あとで多額の納税額を支払わないためにも、2月1日から3月15日の間に、毎年申告しましょう。

親にお金を借りてトラブルになることもある?

お金の貸し借りで、親とトラブルになる可能性はあります。

たとえば、返済期限を決めていたにもかかわらず、お金を返していない場合、早く返せと催促されることが考えられるでしょう。

他にも返済していないのに追加で借りる、嘘をついてお金を借りるなどすると、親子関係のトラブルの原因になり得ます。

最悪の場合、親子の縁が切れる可能性も少なくありません。親からお金を借りるときは、返済期限や借りる理由など、トラブルが起きないよう気をつけましょう。

親にお金を借りる際に言ってはいけない理由は?

親にお金を借りるときに、言ってはいけない理由は次のとおりです。

  • パチンコや競馬などのギャンブル
  • 会社や友人との飲み会代
  • 彼女とのデート代
  • FXや株などの投資

このような理由では、親でもお金を貸さない可能性があります。学生であればお小遣いとして貰える可能性はありますが、社会人であれば遊ぶお金は貸して貰えません。

反対に次の理由なら貸してくれる可能性が高くなります。

  • 病気やケガの治療代
  • 税金や保険料
  • 給料までの生活費

緊急性や重要性、健康関連であれば親も心配し、お金を貸す理由になります。

しかし遊びで使うために、嘘の理由を使うのはやめましょう。お金の貸し借りのみでなく、信頼関係が崩れます。

遊びで使うお金を借りたいときは、銀行や消費者金融でローンを組んだり、稼いだりする方法を検討しましょう。

親ではなく親戚からお金を借りると贈与税がかかる?

親戚からお金を借りても贈与税はかかります。さらに親から借りるよりも、親戚から借りた方が贈与税は高額です。

贈与税には一般贈与財産と特別贈与財産の2種類があり、特別贈与財産の方が税率は高くなります。親戚からお金を借りると特別贈与財産となるため、高額の贈与税がかかります。

お金を借りる際はできるだけ親に相談して借用書を準備し、贈与税がかからないよう注意しましょう。

まとめ

本記事では、親にお金を借りるときに利用できる理由や贈与税について解説しました。

親にお金を借りるときに、利用できる理由は次の5つです。

  • 生活費が足りない
  • 借金が返済できない
  • 税金や保険の支払いが難しい
  • 冠婚葬祭が費用が足りない
  • 引っ越し費用が必要

理由を伝えるときは、直接会って噓をつかず正直に話すことが大切です。親子であってもお金の貸し借りは、親子関係が崩れる原因となります。

返済期限を守ったり、噓をつかず正直に話したりして、トラブルが起きないよう注意しましょう。

※本記事の情報は2023年4月時点のものです。
※本記事は公開・修正時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。キャンペーンを含む最新情報は各サービスの公式サイトよりご確認ください。
※本記事で紹介しているサービス・商品に関するお問い合わせは、サービス・商品元に直接お問い合わせください。

<参考>
国税庁
親にお金を借りるときの理由・頼み方とは?贈与税を非課税にする方法も解説

※本記事は可能な限り正確な情報を記載しておりますが、内容の正確性や安全性を保証するものではありません。
※本サイトと提携する企業のPR情報が含まれます。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

目次